CEO 流山市少年野球連盟会長の志村誠彦です。
流山市の人口は、この10年間で約2万人増加し、小学校の児童数も約2千人増加しました。
しかし、少年野球のチーム数は横ばいで、登録選手数はやや減少となっています。
少年野球活動に対する理解及び魅力が減少傾向にあり、少年野球連盟としてもより一層の充実した活動への努力とPRが必要と考えています。
ここ数年、おおたかの森スポーツフィールド等の野球場の施設について、流山市行政の積極的な支援により、大幅に充実してきております。
この結果、県大会等においても本市の少年野球チームが、毎年優秀な成績を収めています。
流山市少年野球連盟及び少年野球チームが一体となり、互いに力を合わせて、更なる少年野球の技術の向上及び少年野球活動を通した子供たちの健全育成をより一層進めていきたいと考えています。